ショウメイ ノ ニンゲン ノ ショウメイ
出来る限り更新します……!
プロフィール

大箱 巣詰

Author:大箱 巣詰
無事大学三回生になりました!
大箱 巣詰です。
本名ではありません!
一応、将来は小説などを書いていきたいと考えているので、
文章力向上の為にも、毎日の発見を綴っていきたいです。
主に、趣味について書くことが多くなるかと思いますが、
出来るだけ多くの人が読んで、面白い!
と思ってくれるようなブログになればなぁと思います(^^



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全力バスケ!
今日久しぶりにバスケットボールをしました。

最近は体育の授業に全力を尽くしています。
なぜかというと、一緒にチームを組んでくれる女の子がカワイイからです!
いや、基本的に女子はみんな私よりも俄然カワイイのですが、
その子は特別メルヘンチックというか……
おとぎ話にでてきそうというか、NHKのお姉さんになれそうというか……
多分、自分が男だったらこんな子好きになってたんじゃないかな~と思います。

といってちょっと頑張ったところで、まぁ、ぐだぐだなんですが……。
でも、ぐだぐだでもいいんです。
いくらカワイイと思ってたって同性なんです!
というか、世界も違うみたいです!
それを思うと、「女子達にいいところを見せなければ!」
と考えながらスポーツをしていた男子達は、
泣きそうな思いで運動をしていたんでしょうか……?

私はあんまり運動で頑張ろうって思ったことないような気がします。
むしろなぜか今一番体育がんばってるくらいです。
なんとなく頑張ってないうちに、
どうやら体力測定も体育界(?)から近々姿を消すようです。
私のようにあんまり体育が好きじゃないエライ方が考えたことなのだろうと思います。

それはそれで、体育得意な子はかわいそうですが……
まぁ、「俺、走り幅跳びこんなにとべるんだぜ!」
という人よりもサッカーとか野球とかがうまい人の方がモテるだろうから関係ないのかな?

今更ですが、モテる基準で考えてる時点でちょっと動機が不純なので、
本当にがんばってる人の考えとは大分違いそうですね……。
やはり、スポーツに情熱を燃やしている人の気持ちは生涯わかりそうにないです……。
スポンサーサイト
生まれてきて良かったね!
今日、テレビで「ハッピーバースデー」実写化しますね!
絶対観ます!
……恐らく録画ですが。

というのも、大橋のぞみがめちゃくちゃ好きなわけではなく、
原作がめちゃくちゃ好きだからです。
特に、加藤 美紀さんが描かれた、
主人公の女の子がすごい美人なんです。
当時はあまり「萌」が流通した言葉じゃなかったんですが、
まさしくあれは「萌」だと思います!

残念ながら、コミック化、アニメ映画化されたときは、
絵の雰囲気が変わっちゃいましたが……。
あと、実写化するなら大橋のぞみよりもむしろ
菅野美穂ってかんじがします。
歳が全然合いませんが……;

他にも、青木和雄さんの本好きなんですが、
個人的には「ハッピーバースデー」が一番好きです。
11歳の女の子にしては波乱万丈すぎる展開が素敵すぎます。

あと、登場人物では、
転校後の担任の先生が好きです。
後半ほとんど泣いてたところがなんかかわいかったです。
しかし最後まで救われなかったような……。
基本的には題名どおりハッピーエンドなんですけどね……。


闘え!人生を!
以前、塾の授業で漫画について語ってから、
最近、また面白い漫画がないかと捜索(?)中です。
思い返すと、結構漫画好きなのに、ブログではあまり書いたこと無かったですね…・・・。

本当に最近流行ってた、最近の漫画でいうと、
私は「ライフ」がなかなか面白かったです!
ドラマ化とかもされて、結構有名になりましたね。
ドラマあんま観ないんですけど、漫画が好きだったのでつい最後まで観てしまいました……。
しかし、ドラマでは「ライフ」の面白さが10分の1くらいしか表現されてませんでした!
何がって、怖さがです!
少女漫画で怖さを求めるのもどうなのかなってかんじですが、
「ライフ」はホラー漫画だと言っても過言ではありません。
……恐らく。

特に、「ライフ」はイジメが良くないことを読者に教える漫画
というイメージが強いですが、というか、実際にそうなんだと思いますが。
私的には、
「イジメっ子が織田信長並に強怖い漫画」
だと定義したいです。
まぁ、イジメっ子は高校生の女の子なんですけど、
トイレの扉をよじのぼって友人を見下ろしているときの顔とか、
友人の胸倉を掴んで窓から突き落とそうとするときの顔とか、
必殺目潰しをくりだしたときとか、
包丁を振り回す姿なんかが、全体的にホラーです。
化け物です。
しかし、引き際には切腹するという潔さを見せつけてくれました。
仲間を操作する手際よさなんか見ても、
彼女は現代の戦国武将になれるんではないかと思ってしまいました……。

ちなみに、彼女には許婚(?)の男の子がいて、
(父親同士が同じ会社で、というので、政略結婚みたいな……若干複雑なのですが;)
こいつが、またえげつない奴でなかなかステキでした。
ちなみに、あるオシャレ雑誌の読者ランキング
「こいつと関わると危険だ!」部門で唯一漫画キャラでランクインしていました。

しかし、背中を切りつけられながらも、
最後の最後まで命乞いをする彼はとてもカッコ良かったです。
むしろちょっと泣けてしまいました……。

ですが、これを読んでいると、
「高校はこんなんじゃねぇ」
と思ってしまいます……。
はつかねずみ!
最近、ゾンビ並にねずみの記事が多くなってまいりました……

元はといえば、ハムスターがすごく好きだったんです。
ハムスターは白とオレンジの組み合わさりが何とも可愛いんです!
大きさも手の平に丁度乗るくらいの小ささで、
あまり頭は良くないですが、ぽやんとしてて大人しくて(夜行性のせいもありますが)
どこをとってもねずみ界の、いや、動物界で一番かわいいと言っても過言ではない!
と、思います。
ただ、ここまで書いておいて飼った経験はありません……。

世話も苦手で、飽き性なので私がペットを飼うのに向いていないのかもしれません。
ハムスターだけは一度自分で飼ってみたいと思ってたのですが……
昨日「二十日鼠と人間」を観てから、
やっぱり動物は飼えないかも……という気持ちが更に強まってしまいました。

内容があまりにショックすぎて「道」以上に書きづらいのですが、
感想としては、
最後まで覚悟と責任が必要なのかな、と思います。
重すぎて、多分、私には理解しえない世界なのでしょうが……。

それにしても、犬のかわいさと哀しさで迂闊にも泣きそうでした。
動物ものでは、あんまり泣かないと思ってたんですが……
実際にペットを飼っている方が見ると、もっと落ち込みそうです。
道との遭遇!
この前観た『道』がなんだか衝撃的だったので、
感想を述べさせていただきます!
ちなみに「哀しくなる映画」ベスト5に入ってます。
5位は『蛍の墓』だそうです……。

まず、主人公の女の子の歳が判らなくて衝撃的でした……。
というか、後々調べたら女の子でもなくて衝撃的でした。
観ている間はずっと私よりも年下だと思いながら観ていて、
ザンパノが人に「俺の新しい奥さんだ!」って紹介してるのにすごく違和感があり、
なんで普通に聞き流せるんだ?と思ってたのですが、
当時で彼女は30代だったんですね。
すごく不思議なかんじです。
私の読解力不足しすぎですが;;
実は監督の奥さんだというのもびっくりしました……!

エンディングも衝撃的でした。
始めから辛いとは判っていたものの
なんだか報われなさすぎるなー……と。
悪役好きな私でも、若干ザンパノには殺意を覚えました。
さすがにこればっかりは人それぞれな捉え方だと思いますが……

なんとなく女の子(?)の方に感情移入してしまうからかもしれません。
「自分は何のために存在してるのか?」
なんて考えても仕方ないことなのかもしれませんが、
漠然と生きてる私は疑問に思ってしまいがちです。

むしろ小石並にしか役に立てなくても、
害が無ければいいかなって気もしますが。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。