ショウメイ ノ ニンゲン ノ ショウメイ
出来る限り更新します……!
プロフィール

大箱 巣詰

Author:大箱 巣詰
無事大学三回生になりました!
大箱 巣詰です。
本名ではありません!
一応、将来は小説などを書いていきたいと考えているので、
文章力向上の為にも、毎日の発見を綴っていきたいです。
主に、趣味について書くことが多くなるかと思いますが、
出来るだけ多くの人が読んで、面白い!
と思ってくれるようなブログになればなぁと思います(^^



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかえりなさい!
思ってたよりも遅くパソコンが帰ってきました。
前回の日記でパソコンなんて無くてもどうってことない!
と強気なことを書いてしまいましたが、
やはり少し寂しかった……というか、
どことなく不安でした。
そうでなくても最近は不安なことが多かったりします。

まず自転車が盗まれてしまったことが最近の不安でした。
結構古かったし、新車を得た今となれば盗まれたこと自体は大したこともなかったのですが、
私の自転車が無くなったせいで仮の自転車(家にあったもう一台の自転車)に乗っていた間、
警察に呼び止められてしまったのです。
それもパトカー+二人の警官に囲まれ逃げ場のない絶体絶命状態に!
まぁ、何も悪いことはしていないので逃げる必要もないんですが、
多分、自転車の型が古かったせいで
この人盗んだ自転車に乗ってんじゃないのか?
と疑われたみたいです。
私の自転車が盗まれたのに……。
更に年齢を聞かれ、正直に答えたのですが、
「本当? 中学生くらいだと思ったんだけど」
と無駄に疑われ、年齢詐称の罪まで被せられそうになりました。
身分証を提示して下さいとか言われるのか!? とびびっていたら、
「そっかそっか。まぁでもそれ位に見える方が得だよね」
と謎のフォローをされました。
何が得なのか教えてほしいです。

それにしても怖かったです。
でも警察の方と絡む機会なんてそうそうないので、もしかしたら得……
とはさすがに思えなかったです(笑

スポンサーサイト
おつかれさま!
家で使っているパソコンは、家族兼用なのですが、
人間の年でいうと180歳くらいで動いてるのが不思議なくらいらしいです。
最近調子も悪いので、2、3日中パソコンの中身が(特に脳の部分が)変えられることが決まりました。
愛着のある彼(彼女?)とお別れするのは少し寂しい……
といえば嘘になります。
ロボット好きとはいえパソコンに対しては何の感情も湧かないというのが正直な気持ちです(笑
とりあえず元気な姿となって帰ってきてほしいです。
今までありがとう!

そして、身の危険を察してデータを飛ばすのとかは絶対しないでね……。
ヒーロー!
さきほどテレビでウルトラマンシリーズと仮面ライダーシリーズの
テーマソング特集がテレビで放送しているのを偶然にみつけ、
とても癒されました!(^^
水木一郎さんはあいかわらずカッコイイです。
個人的にはアマゾンが好きなので、
アマゾンの歌を歌っていただけなかったのは少し残念でした。
いつか是非歌っていただきたいです!
ところで、平成ライダーでは英語の歌詞が出てきてますが、
日本語も微妙なアマゾンには絶対歌えなさそうですね。

その後に続けてヒーローの着ぐるみを作っている方の特集もしていて、
ヒーローや怪人の衣装にあふれている部屋を少し羨ましく思いました……。
美術センス皆無の私ですが、
いつか特撮もののキャラクターの造形とか考えてみたいです!

ちなみに、一度本格的にオリジナルヒーローの絵を描いたことがあります。
「海のヒーロー」というテーマで高校のとき授業で描かされました。
私は絵心がないながらにも、エンジェルフィッシュをイメージした
その名も「エンジェルフィッシャーマン!」
を結構な自信で完成させたのですが
「衣装安そう」と酷評されてしまいました……。
個人的には全身タイツとベルトと長靴は外せないんですけど、
いざ考えるとなると本当に難しいです……。
記憶喪失!
私事ですが……
昨日塾の飲み会で映画の話をしていた際、
名前が思い出せなかったけど面白いと思ったSF映画の題名
「ガタカ(Gattaca)」でした。
ありえない説明力のなさ、暗記力のなさですいません;

ちなみにこの映画が何故好きかといいますと、
ジュード・ロウがかっこよすぎるっ! っていうのももちろんあるんですが!
なにより、もしかして近い未来、
産まれたときから死ぬまでにかかる病気とか寿命とか
実際わかっちゃう日がくるというのを
あるとき医学のドキュメンタリー番組で知ってからというもの、
そういった未来の現状がすごく気になっていたからです。
もちろん、映画を観て完全に納得したわけではないですが、
私の疑問に対する答えを観たような気がしました。

結構好きな映画ではSFが多いのも、
不思議に思ってたことを映像化、ストーリ化した形で観ることができるからなのかな?
と、まだまだSF映画好き初心者ながらに思いました。
でも、もちろんホラー映画も大好きですよ!
ハマーカーン怪奇DVDをお借りしたので、じっくり観たいと思います!
Sさん本当にありがとうございますっ!(^^
逆噴射!
石井聰亙監督の「逆噴射家族」観ました!
放送禁止用語が飛び交っていましたが
テンション高くて、めっちゃ笑いました。
しかし、ただ笑えるだけじゃなくて
現実を生きるために「病気」にならざるをおえない家族の悲しさは
リアルじゃないようですごくリアルで
少し切なくなりました。

特に兄の正樹は見ていて胸が苦しくなりました。
もちろん彼ほどではないですが
高校のときのテスト勉強や模試を思い出して
フォースにこもりたくもなるよ!
と微かながら共感してしまいました。
ただあのエスカレートっぷりは逆に芸術的すぎますが、
それを言うなら全員芸術ですけどね。

とはいえ、何となくあの家族に加わる、というか
一度参戦してみたいなんても思ってしまいましたが。
私なら武器は五寸釘かな……あまり強くなさそうですね。

かなり危険ですが。
かなり愛のある映画だと思いました。





逆噴射家族 [DVD]逆噴射家族 [DVD]
(2001/05/25)
小林克也倍賞美津子

商品詳細を見る





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。