ショウメイ ノ ニンゲン ノ ショウメイ
出来る限り更新します……!
プロフィール

大箱 巣詰

Author:大箱 巣詰
無事大学三回生になりました!
大箱 巣詰です。
本名ではありません!
一応、将来は小説などを書いていきたいと考えているので、
文章力向上の為にも、毎日の発見を綴っていきたいです。
主に、趣味について書くことが多くなるかと思いますが、
出来るだけ多くの人が読んで、面白い!
と思ってくれるようなブログになればなぁと思います(^^



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

設定!
今朝、つい「怪談レストラン」をみてしまいました。
書籍版で小学校くらいのときは読んでいたんですが、
キャラクターとかカワイイなぁ……と思っていて、
今日は少し懐かしい気分になりました。

ところで、今日観た「怪談レストラン」で少し気になる話がありました。
かなりはしょって説明しますが、
「死んでいることに気づかずに生活していた!」
というパターンの話です。
いわゆる「シックスセンス」や
最近の漫画だと「GANTZ」がこれにあたるのでしょうか?
結構このパターンは出尽くしていますが、何度観ても切なくなってしまいます。

中でも一番印象的なのは、
たしか子ども向けの完全フィクションな怖い本だったのだ思いますが、
ずーっと死んでいたのに気がつかず、
周りも気がつかずに生活していて、
ある日、ふとしたことで自分が死んでいたことに気がつき
その瞬間に存在が消滅する、といった話です。

「怪談レストラン」にハマっていた同時期この話を読んで、
まず何が怖かったかというと、
「自分も死んでいることに気がついたら消えてしまうのでは?」
ということです。
気づかずにいればずっと生きているというのも怖い話ですが……

私は夢でも結構リアルな夢をみるので、
このブログを打ってる間も実は現実ではない? とか、ふと考えてしまいます。

となると夢のほうが現実……?
と考えてるとキリがないですね……。

ちなみに最近見た夢は
「SMAPの中居さんが実は本当のお父さんだった!」
なのですが、これは現実……
……なわけないですね。
スポンサーサイト
生きるか死ぬか!
「死生観」の歴史の推移を大学で習いました。
こればかりは総体的にみて、というよりも結局は個人の考え方が大事だと思いますが、
時代背景によって死や生に対する考え方が変わる、というのはなかなか興味深いことだと思いました。

ちなみに昔と今での大きな考え方の違いは、
あの世を重視するか
現世を重視するか
ということらしいです。
もちろん、今は現世重視であの世は全く切り離され、遠ざけられているわけですが……。

死を直視する機会が減り、遠ざけられ、リアルな「死」を知らない人が多い。
しかしそれを知らないと創作でもうまく描写することができない……
という話は塾でも先生からお聞きしたことがあります。
たしかに、知らない人が多い、そして知ろうとしない人が多いのだと思います。

そして私もそんな「知ろうとしない人間」の一人です。
死だけではなく、恐ろしいことや危険なことは避け、安全策をとり、
たくさんのことを見ないようにしてすごしてきました。
しかし、それは創作者として失格という以前に、
人間として成長するために知らなきゃだめなことなのかもしれません。

「死生観」についてこれからも考え方は変わっていくだろうと思いますが、
生まれてきたことに、生かされていることに感謝したいです……!
……なんて自分が書くと、当たり前ですがまだまだ軽薄なかんじがしますね……。
達観したような文章は似合わないですね……。

本心は、
「死生観」について自分なりに考えたので、単位ください!
ですし(^^






危険
せっかく飲み会に参加したのに、
お酒をうまく呑めず
とてもぐだぐだでした……。
まだ20になったばかりだとはいえ
これからもっと強くなっていきたいと思いました。

また、気持ち面でも、もっともっと強くならなければ!
多分、気持ちをしっかり持っていないから、
お酒を呑んでも負けてしまうのではないかと……
大分勝手な解釈ですが……。

ちなみに、お酒が呑めない人が弱いというわけではありません。
お酒が呑めない人でも面白い話ができる人はとても素敵だと思うし、
やっぱり意識が大事なんだと思います。

先日、「泥の川」という映画をみました。
子供たちが無邪気に遊んでいる様子がほほえましい反面
生活や人間関係の裏側がみえて、すごく切なくなる映画でした。
しかし、たとえ泥だらけでも流れていく時間のなかでうまく生きていかなければならないし、
うまく変化に対応していかなければなりません。
この映画を観てそんなことを思い知らされたような気がします。

変わっていくことはいつもいいことばかりじゃないし、
正直怖いです。
私が思っているだけではなく、本当に怖いことしかないかもしれません。

それでも溺れないように
苦しいこととか辛いことも乗り越えていかなければ……

と頭ではわかっているんですが……!
おはようございます!
長らくブログを放置していてごめんなさい……。
めずらしく今日は色々頑張ろうと早起きしました。
というか、毎日早起きすれば何でもはかどる気がします。
夏休みも頑張ろう……と思います。

それはともかく、
先日友人と「兵庫県立美術館」で岸田劉生の「麗子像」をみました!
もちろん、まだまだ芸術には疎くほとんどレポートを書くという目的でみに行ったのですが、
すごい迫力と絶妙なリアルさでびっくりしました!
教科書などで間接的にはみていたはずなのに、本物は全然違いますね!
絵を見ていると、もっと他のものも見たいと思うのはもちろんですが、
少し描いてみたくなりました。
全然ヘタですが……。

でも絵の具をバーっとこぼしただけのように見える絵もありますよね。
そういうのなら私でも描けそうな気がするんですが……
まだまだ芸術をわかっていないのでしょうか?
おそらく……!
10代最後のブログです!
明日からフリーダムです(^^
しかし、20歳近くなると思うところもあるわけで……

とにかく、女らしくなりたいというよりは、
人としてこれがちゃんとできないってどうなの!?
ってところを無くしていきたいです……。

というのも、ただ今連続ドラマ小説の「ゲゲゲの女房」を観ていて
水木しげる先生の考え方や生き方、本当にカッコイイ!と思わされてしまうのですが、
同じくらい奥様にもベタ惚れしてしまいました!
どんなに人が家に来てもさっと料理を作ったり、
取れたボタンをさっと縫ってあげたり、
女性らしくてなんて気が利く方なんだ!と毎回関心させられてしまいます。

……とかくと、ボタンぐらい縫えるだろうとつっこまれてしまいそうですが、
ここ2、3年針や糸を触った覚えもなく、
ふつうに裁縫する自信全然ないです……。

こんなことではダメですよね……。
地道にスキルアップ目指していこうと思います。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。