ショウメイ ノ ニンゲン ノ ショウメイ
出来る限り更新します……!
プロフィール

大箱 巣詰

Author:大箱 巣詰
無事大学三回生になりました!
大箱 巣詰です。
本名ではありません!
一応、将来は小説などを書いていきたいと考えているので、
文章力向上の為にも、毎日の発見を綴っていきたいです。
主に、趣味について書くことが多くなるかと思いますが、
出来るだけ多くの人が読んで、面白い!
と思ってくれるようなブログになればなぁと思います(^^



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

設定!
今朝、つい「怪談レストラン」をみてしまいました。
書籍版で小学校くらいのときは読んでいたんですが、
キャラクターとかカワイイなぁ……と思っていて、
今日は少し懐かしい気分になりました。

ところで、今日観た「怪談レストラン」で少し気になる話がありました。
かなりはしょって説明しますが、
「死んでいることに気づかずに生活していた!」
というパターンの話です。
いわゆる「シックスセンス」や
最近の漫画だと「GANTZ」がこれにあたるのでしょうか?
結構このパターンは出尽くしていますが、何度観ても切なくなってしまいます。

中でも一番印象的なのは、
たしか子ども向けの完全フィクションな怖い本だったのだ思いますが、
ずーっと死んでいたのに気がつかず、
周りも気がつかずに生活していて、
ある日、ふとしたことで自分が死んでいたことに気がつき
その瞬間に存在が消滅する、といった話です。

「怪談レストラン」にハマっていた同時期この話を読んで、
まず何が怖かったかというと、
「自分も死んでいることに気がついたら消えてしまうのでは?」
ということです。
気づかずにいればずっと生きているというのも怖い話ですが……

私は夢でも結構リアルな夢をみるので、
このブログを打ってる間も実は現実ではない? とか、ふと考えてしまいます。

となると夢のほうが現実……?
と考えてるとキリがないですね……。

ちなみに最近見た夢は
「SMAPの中居さんが実は本当のお父さんだった!」
なのですが、これは現実……
……なわけないですね。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://oohako.blog37.fc2.com/tb.php/107-e98c827d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。