ショウメイ ノ ニンゲン ノ ショウメイ
出来る限り更新します……!
プロフィール

大箱 巣詰

Author:大箱 巣詰
無事大学三回生になりました!
大箱 巣詰です。
本名ではありません!
一応、将来は小説などを書いていきたいと考えているので、
文章力向上の為にも、毎日の発見を綴っていきたいです。
主に、趣味について書くことが多くなるかと思いますが、
出来るだけ多くの人が読んで、面白い!
と思ってくれるようなブログになればなぁと思います(^^



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂!
「砂の女」について(閉じ込められる系の他の映画論じつつ)
先日、安部 公房先生原作(漢字調べる)「砂の女」という映画を観ました。

砂の女 特別版 [DVD]砂の女 特別版 [DVD]
(2002/04/14)
岡田英次、岸田今日子 他

商品詳細を見る


「ミザリー」、「キューブ」、最近の作品では「SOW」や「オープンウォーター」など、
不条理な条件で閉鎖された空間に主人公が取り残されるといった、作品は多々ありますが(ちなみに私はこういった作品が大好きです!)
「砂の女は」そういった作品の中でも精神的な厳しさの描写が細かいというか、
観ているこっちまで、おかしくなってしまいそうな映画でした。

特にこの映画では悲しい、や切ないといった感情に先行して
怒りを感じる場面が多かったです。
映画を観た日に接種したカルシウムはすべて砕けてしまったかと……
岸田今日子さん、大好きなんですが、この映画のこの役においては、
「何様だこの女!」
と心の中で声を大にして叫んでいました(笑)

結末もなんというか……
とりあえず叫びたくなります!
スポンサーサイト


コメント

>「ミザリー」、「キューブ」
 両方とも見ましたが、僕は苦手ですね。

>「SOW」

 「SAW」ではないですか?
[2011/04/12 17:35] URL | 東野明 #- [ 編集 ]


そうでした!(ダジャレではありません)
ありがとうございます。
[2011/04/13 14:41] URL | 大箱巣詰 #aYDccP8M [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://oohako.blog37.fc2.com/tb.php/165-9e332d0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。