ショウメイ ノ ニンゲン ノ ショウメイ
出来る限り更新します……!
プロフィール

大箱 巣詰

Author:大箱 巣詰
無事大学三回生になりました!
大箱 巣詰です。
本名ではありません!
一応、将来は小説などを書いていきたいと考えているので、
文章力向上の為にも、毎日の発見を綴っていきたいです。
主に、趣味について書くことが多くなるかと思いますが、
出来るだけ多くの人が読んで、面白い!
と思ってくれるようなブログになればなぁと思います(^^



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うさぎ!
「ビロードのうさぎ」という絵本がテレビで紹介されていました。
非常に好きな作品で、またこうして紹介されているのを見るのはとても嬉しかったです。

ちなみに、この本をさらっと私からも紹介しますと、
何で俺は本物のうさぎじゃないんだあああ!
というコンプレックスを抱いたぬいぐるみのうさぎの物語です。
子供向けの絵本にしては結構シビアだと思います。

たとえば、うさぎに会って
「ち、ちがうよ、ぬいぐるみじゃないよ! ぼくも跳べるよ! 」
と、跳べないのに無茶な生き物アピールするところとか……
そして、どんなに必死になってもうさぎたちに
「なんか変ー」
と言われてしまうところとか……
読んでいてとても切ないです。

かくいう私も、人間界においては
「なんか変ー」
といわれてしまうであろう部類。
多分、好き放題に語るとひかれてしまうというのが現実です。
ただ、変人扱いされるのはいいんですが、
否定されるのは辛い。
のかな?
あまり曝けださない主義なので辛いのかどうかわかんないですが、
辛いんだろうなって思うから切なくなるんだと思います。

最後にぬいぐるみのうさぎは魔法をかけてもらって本物のうさぎになるのですが、
その魔法はただ単に命を与えるってものじゃなくて
ぬいぐるみのうさぎを受け入れる世界に変えるための魔法だったらいいなと思います。
そうでないと、たとえうさぎになれるとしても
ぬいぐるみのうさぎが可哀相すぎる……。

はらわたが木綿でもいいじゃないですかっ!(笑
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://oohako.blog37.fc2.com/tb.php/85-2b24f18f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。